使用する地学の参考書と大まかな使い方
①きめる!センター地学基礎【新課程対応版】
地学基礎は旧課程版に比べて範囲が1/2から1/3くらいまで狭くなっている。
しかし、講義用の地学参考書としてはかなり分厚い。
その理由は地学の勉強を高校で習った人は殆どいないために、地学の勉強を一からはじめる人向けにかなり詳しい内容になっている。
別冊付録で赤字の暗記がついているが、正直、地学基礎初心者には赤字だけで覚えるのは、少々厳しいため、大事なことは問題集を使って覚えながら、理解を深める必要がある講義用の地学参考書である。

 

 講義の勉強法
①講義用参考書は問題集とセットで使おう
地学は暗記で覚えきれる内容が殆どであるために、問題集の優先度が高い。
問題集はセンター試験対策の前の段階の易しいレベルで設定されているために、基礎の暗記に使う。
 
②問題を解くために読んでいるという意識を持とう
問題集の解説は簡潔に纏まっているために、もっと詳しく理解を深めなければならない。
そのために講義用の地学参考書で詳細を確かめながら、問題集の回答の暗記をしよう。
 
③解けるようにしたうえで本格的な理解をしていこう
問題集の問題を解いていくことができる時点で、センター試験でもある程度の得点が期待できる。
しかし、それで二次試験までいく人たちは、講義用の地学参考書も読み込んで深く理解しておかなければいけない。

 

 勉強がうまくいかない場合の勉強法チェック
1.ろくに知識を入れてない状態でひたすら読んでいないか
まずは理解することよりも、基礎の暗記が大前提。比較的に馴染みやすい内容になっている。
 
2.分野ごとの理解を深めているか
地層、天体、天気など、地球を内部から見た場合と、外部から見た場合について分野全体を通して理解を深めておく必要がある。


大学受験 ブログランキングへ

『武田塾とは?』

□志望校に合わせた独自のカリキュラム
⇒各教科で初学者向けの基礎レベルから、早慶上智・東大レベルまでしっかり対応!どんな志望校でも対応できるのは、参考書を使った独自のカリキュラムがあるから!

□参考書最強伝説
⇒参考書を使えば、生徒一人ひとりの「今」の学力からスタートでき、授業をする塾・予備校ではありえないスピードで「志望校合格」まで最短で進める!

□日々の学習状況の徹底管理
⇒授業をする塾・予備校は毎週授業の時間だけ。授業をしない武田塾は、週7日間を徹底的に管理する!サボれない!だから今まで勉強ができていない生徒が、志望校に逆転合格できる!

□個別指導・自習室完備
⇒専任講師による手厚い個別指導コースを用意。また、日々の勉強に役立てられる、完全無料の自習室を完備!生徒が自学自習できる万全のサポート体制が、武田塾にはある!


『無料受験相談~進路カウンセリング~』
当校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾西葛西校 西葛西の個別指導塾・予備校】
住所:〒134-0088
    東京都江戸川区西葛西6-16-7 ライオンズマンション西葛西駅前三基ビル501号
    ※1階がTSUTAYAさんのビル5階です。       
TEL:03-6808-9856
FAX:03-6808-9859
Mail:nishikasai@takeda.tv
受付:13:00~21:00(月~土)