皆さんこんにちは。
日本初!授業をしない塾、武田塾のK.Oです。


さて、今回は英語の速読についてお話したいと思います。

もうすぐ夏休みということでそろそろ過去問を目を通している受験生も多いのではないのではないでしょうか。

私立上位校、特に早稲田や慶應は英文量がとてつもなく多く、来年の2月までに読み切れるようになるのだろうかと心配している生徒が大半だと思います。

ですが僕は皆さんにこの時期に焦って欲しくないです。

この時期に速読を意識して英文を読んでも、おそらくとにかく目を速く動かして文章を読もうとしてしまうと思います。無理して早く読もうとしても、文章内容が頭に入ってこないだけでなく、それを続けてもその後の成長につながることはないです。

そもそもデキル受験生は恐らくあなた方が思っているほど速読していないです

速読の基本は
  ●1文を2度読みしないこと
  ●段落の構造を理解すること
 にあります。

 まず「1文を2度読みしないこと」についてですがこの理由は言わずもがなだと思います。
2度読みは明らかに時間のロスで速いスピードで2回読むより少し遅くても1回で理解する方が頭に入って来ます。

 そして「段落の構造を理解すること」についてですが、これが速読で一番大事なポイントです。 

そもそも入試で得点を稼ぐには素早く
 1文章のテーマ
 2筆者の主張
 3各段落の要旨
を理解することが必要です。

つまり速読をする前には堅固な精読力が必要になるのです。
速読を意識する前に 、「志望大学程度の一文を一読で読めるか」そして「段落毎の要旨を理解できているか」「段落同士の関係(原因結果、主張具体例など)がわかるか」を意識して読むことが出来ていることが前提なのです。


そしてこれが出来る受験生は稀であるため、出来るようになってしまえば速読を意識するのは1月からでも容易に間に合います。

最終的に何が言いたいのかというと、
 ●速読しようと焦らないこと
 ●速読する前に早稲田レベルの英文を1読で7.8割意味をつかめるレベルまで精読を極めること
 ●それが出来る前提で、文章全体の構造把握(主張、段落のつながりなど)をできるようにすること
の3点になります。



武田塾チャンネル バナー
友だち追加数


大学受験 ブログランキングへ

武田塾とは?

志望校に合わせた独自のカリキュラム
⇒各教科で初学者向けの基礎レベルから、早慶上智・東大レベルまでしっかり対応!どんな志望校でも対応できるのは、参考書を使った独自のカリキュラムがあるから!

参考書最強伝説
⇒参考書を使えば、生徒一人ひとりの「今」の学力からスタートでき、授業をする塾・予備校ではありえないスピードで「志望校合格」まで最短で進める!

日々の学習状況の徹底管理
⇒授業をする塾・予備校は毎週授業の時間だけ。授業をしない武田塾は、週7日間を徹底的に管理する!サボれない!だから今まで勉強ができていない生徒が、志望校に逆転合格できる!

個別指導・自習室完備
⇒専任講師による手厚い個別指導コースを用意。また、日々の勉強に役立てられる、完全無料の自習室を完備!生徒が自学自習できる万全のサポート体制が、武田塾にはある!


『無料受験相談~進路カウンセリング~』

当校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でもご相談ください。

無料受験相談は、完全個別に対応いたします。その為、ご予約を頂いた方を優先させて頂いております。ご予約は、お電話かメールで受け付けております。

【武田塾西葛西校 西葛西の個別指導塾・予備校】

住所:〒134-0088
    東京都江戸川区西葛西6-16-7 ライオンズマンション西葛西駅前三基ビル501号
    ※1階がTSUTAYAさんのビル5階です。       

TEL:03-6808-9856
FAX:03-6808-9859
Mail:nishikasai@takeda.tv

受付:13:00~21:00(月~土)