皆さんこんにちは!
日本初授業をしない塾、武田塾西葛西校です!

講師の教務の村松です。3月に入り続々と合格体験記が届いています。
本日は現役で関西大学に合格した
小藤君の合格体験記「第6弾」をお送りします!

【名前】 小藤 陽紀くん

【出身校】 都立江戸川高校

【合格校】 関西大学 法学部
      

【武田塾に入る前の成績】高校2年の12月に入塾し、
1年で偏差値43→55まで大幅アップ!!

【武田塾に入ったきっかけは?】
家のポストに入っていた武田塾のチラシを見て受験相談に行ったことがきっかけです。
当初、家から近くて自分に合った塾を探していました。高校受験時、個別指導の塾に通っていたので、なるべく個別塾が良いと思って探していましたが、大学受験についてはイマイチよくわからなかったので、R海セミナーやK塾、Mナビスなど色々な体験入塾をしました。しかし、元々の学力が低かったため、R海の授業にはついていけず、Mナビスの映像授業も大衆向けの授業のため、理解ができない部分が多かったです。しかし、武田塾の参考書を使った勉強法は、ノートを取ることなく、いつでも基本に戻れ、わからないところがあるまま応用の勉強をすることができません。この、塾全体の空気が自分を奮起させてくれたところに惹かれ、入塾を決意しました。

【武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?】
入塾する前は全く勉強しておらず、部活との両立ができていませんでしたが、武田塾の基礎からの参考書を使った勉強法で、入塾3か月後の模試で英語の偏差値が68になりました。それ以後、僕の得点源は英語になりました。勉強法も、学校のようなノートを取る形式より、ある程度マイペースに理解できるまで参考書とにらめっこのできる武田塾方式が、僕に合っていると感じました。僕自身、部活が10月まであり、夏休みも午前午後と部活があったため、夏休み明けの模試で、他の受験生との差が開いてしまったと感じることがありましたが、引退後、武田塾の勉強法を信じて勉強したおかげで、合格することができました。

【担当の先生はどうでしたか?】
個々の弱点を把握した上で、より効果的な参考書の使い方を教えて下さったり、先生自身が受験時に活用していたノートのコピーをくださったり、とても親身になって相談に乗ってくれる先生しかいません。信頼がおけるからこそ、安心して勉強できたことが精神的な支柱になり、勉強に嫌気がさしても頑張ることができました。他にも、先生自身の受験体験を勉強に生かすことができた場面も少なくなく、先生方からもらった生の情報というのは、志望校合格への重要な要素になってくれたと思います。


【武田塾での思い出を教えて下さい!】
「時には優しく、時には厳しく」を塾全体で体現しており、入塾当初は雰囲気にのまれてしまいましたが、フレンドリーな先生方と接していくうちに、その空気に馴染むことができました。日本史の先生に、大学受験時に使っていたノートのコピーをもらい、それを読んだところ、入試本番にそのノートの範囲が出題されたこと。また、入試の後に特訓があり、頭が疲れていたので、国語担当の先生が、自分が現代文を解くときに活用していた線の引き方を実践していた問題のプリントをくださり、次の入試日までに頭に叩き込みました。そうしたら、次の入試の現代文の記述問題が、先生の考え方でやれば100%わかる問題だったので、得点源になり、時間の節約にもなりました。

【好きな参考書ランキングベスト3】
第1位 ポレポレ英文読解プロセス50
難関大の長文を読み解くときに欠かせない一冊です。これを完璧にできれば英語が得点源になると思います。入試当日にも持って行きました。
第2位 日本史スピードマスター(文化史・通史)
日本史の勉強を始めるときにお世話になり、入試当日に持って行った参考書です。日本史に行き詰ったときにもお世話になりました。
第3位 富井の古典文法
これさえあれば文法は問題ないです。文を読むときのテクニックも書いてあり、初学者から応用まで、これ一冊で完璧にできます。

【来年度以降の受験生にメッセージをお願いします!】
僕は部活が10月まであり、先輩方も浪人生が多かったです。しかし、そのような環境でも関関同立に合格することができました。自分の環境に悲観しないでポジティブに頑張れば合格できる力は誰でも持っているので、諦めずに頑張って下さい。

合格体験記第6弾でした!まだまだ随時更新していきますので、お楽しみに!


【武田塾西葛西校 西葛西の個別指導塾・予備校】

住所:〒134-0088
    東京都江戸川区西葛西6-16-7 ライオンズマンション西葛西駅前三基ビル501号
    ※1階がTSUTAYAさんのビル5階です。       

TEL:03-6808-9856
FAX:03-6808-9859
Mail:nishikasai@takeda.tv

受付:13:00~21:00(月~土)