【難関大学へ逆転合格】個別指導塾・予備校の武田塾西葛西校

【授業をしない!】 【一冊を、完璧に!】 【自学自習の徹底管理!】 「授業をたくさん受けているのに偏差値が上がらない・・・」「勉強方法が分からない・・・」そんな受験生の皆さんに勉強法を紹介する、武田塾西葛西校のブログです。授業をしないから逆転合格続出中!

東大


皆さんこんにちは。
日本初!授業をしない塾、武田塾西葛西校です。


講師のR.W.です。
今回の記事のタイトルは「東大を目指す受験勉強」ということですが、これは必ずしも東大志望の受験生だけでなく、いろんな方に読んでもらいたいと思います。

一般に、受験では、志望校のワンランク下の大学に行くことになる人が多いと言われています。
予備校の早慶コースから実際に早慶に行く人は少なく、大部分はMARCHへ行き、早慶合格者は東大コースから出るというのが実情です。

王貞治は生涯1000本のホームランを目指したが現実には到達しなかったといいます。
しかし、それでもホームラン王です。

言いたいことは、「志望はできるだけ高く設定せよ」ということです。
そこで、今回の記事のタイトル、「東大を目指す受験勉強」につながってくるということです。

本稿では、文系受験を前提として、受験プランの一例を紹介します。

・沢山の科目を勉強するのはコスパが悪い?
私大文系専願では、英語・国語(小論文)・地歴(数学)の3科目のみ勉強すれば受験に対応することができます。
しかし、東大文系を受験するには、英語・国語・数学・地歴2つ・センター理科の合計6科目が不可欠となります。
科目ごとに負担の大きさは異なるため一概には言えませんが、科目数の面では単純に考えれば倍の負担があるということになります。

しかし、それでいて、早慶の合格実績を見比べてみるとどうでしょう。
驚くべきことに、専願者に比べ東大併願者の方がはるかに高水準の実績を出しているのです。

しかも、東大の地歴はほとんどが論述タイプであるのに対し、私大の地歴は記号問題や一問一答問題ばかりで、その他の科目も基本的に大きく性質が異なります。

それでもこうした結果になるのは、自分はひとえに「やる気の差」だと考えています。
月並みな表現ですが、こういうよりほかにないと思います。


科目数が少ないと、必然的に自分の中に甘えが生じてしまいます
ましてや、専願の人の中で、「東大と早慶両方受かっても早慶に行きたい」という人はなかなかおらず、大部分は「コスパ的に早慶の方がよさそうだから早慶志望にした」という人が占めています。
しかし、1日2,3時間の勉強量の差でも、1年積み重なればその力量差は歴然たるものとなるでしょう。
また、1時間あたりの勉強の質の面でも、集中度が異なれば当然その成果は違ってきます。

早稲田志望で早稲田に合格することは当然可能です。しかし、そのためには、自分の中に妥協を許さない強さが必要不可欠であります。そうした精神的な面で、東大を志望校に据えるというのは大きな意味を持つでしょう。

・東大早慶併願ならではのメリットはあるのか?

結論から言えば、「ある」が答えです。

それは第一に、「センター利用入試」という武器が使えることです。
センター利用入試は、高水準の得点が必要となる代わりに、センター試験のみで受験が可能です。
しかし、当然その倍率は高くなります。
ですが、国公立併願者は数学・地歴第二科目・理科科目を勉強している分、多数の科目を要請されるセンター利用入試に対応しています。

さらに、第二のメリットとして、「私立一般入試で数学受験する」という武器が使えることも、大きなポイントです。
一般に、私立文系大学の地歴は難易度が非常に高く、得意な受験生であっても一定程度の得点に収まることが多いです。ところが数学は、国公立のそれに比べ難易度も低く、誇張を抜きにして満点が狙えるレベルの出題がなされています。これは、勉強科目数が増えてしまう国公立志望者が私大専願者と勝負するに耐え得る条件であるといえるでしょう。



・おわりに
いかがでしたでしょうか?
もう9月も中旬に差し掛かり、今年受験を控えた学生はすでに志望校も固まってきたところでしょう。
早慶志望の生徒さんも、その勝負する相手には、東大や一橋のような国立志望が多数含まれていることも忘れてはなりません。そうした点を失念することなく、妥協を許さず一層奮励努力して最後のスパートをかけていきましょう。
また、今年受験でない読者の方!
自分の受験プランの一つとして、東大を目指してみるというのも検討してみてはいかがでしょうか。






武田塾チャンネル バナー
友だち追加数
武田塾西葛西校公式LINEやってます!


大学受験 ブログランキングへ

『武田塾とは?』

志望校に合わせた独自のカリキュラム
⇒各教科で初学者向けの基礎レベルから、早慶上智・東大レベルまでしっかり対応!どんな志望校でも対応できるのは、参考書を使った独自のカリキュラムがあるから!

参考書最強伝説
⇒参考書を使えば、生徒一人ひとりの「今」の学力からスタートでき、授業をする塾・予備校ではありえないスピードで「志望校合格」まで最短で進める!

日々の学習状況の徹底管理
⇒授業をする塾・予備校は毎週授業の時間だけ。授業をしない武田塾は、週7日間を徹底的に管理する!サボれない!だから今まで勉強ができていない生徒が、志望校に逆転合格できる!

個別指導・自習室完備
⇒専任講師による手厚い個別指導コースを用意。また、日々の勉強に役立てられる、完全無料の自習室を完備!生徒が自学自習できる万全のサポート体制が、武田塾にはある!


無料受験相談~進路カウンセリング~

当校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でもご相談ください。

無料受験相談は、完全個別に対応いたします。その為、ご予約を頂いた方を優先させて頂いております。ご予約は、お電話かメールで受け付けております。

【武田塾西葛西校 西葛西の個別指導塾・予備校】

住所:〒134-0088
    東京都江戸川区西葛西6-16-7 ライオンズマンション西葛西駅前三基ビル501号
    ※1階がTSUTAYAさんのビル5階です。       

TEL:03-6808-9856
FAX:03-6808-9859
Mail:nishikasai@takeda.tv

受付:13:00~21:00(月~土)


皆さんこんにちは。
日本初!授業をしない塾、武田塾西葛西校です。

東大・旧帝大・早慶合格を目指す新高1生のみなさんへ


 こんにちは!講師の吉〇です。武田塾のブログを見てくださっている方は、新高2生、新高3生、浪人生の方が
多いと思いますが、
今日は主に、東大・旧帝大・早慶合格を目指す新高1生のみなさんに向けて、
3年間でどのような勉強計画を立てたらよいかをお話したいと思います。

まず、東大や旧帝大といった難関大学合格というと、開成や筑波大付属といった難関高校に入らないと難しいとお思いかもしれませんが、そんなことは全くありません。

私が東大に合格したのはもう数年前になりますが、私の出身高校は、2年に一人東大合格者が出ればよい方、
といった感じのごく普通の地方の私立高校でした。(地方では、一般に公立校の方が私立校より難関校とされます。)しかも、中学校は、電車すら入って走っていない超田舎の普通の公立中学です。

そんな私が東大に合格できたのは、当然、高校3年間でしっかり勉強したからに他なりません。そして、
武田塾で働き始めてびっくり、その勉強法とは、武田塾の勉強法とほとんど同じではありませんか(笑)!

難関高校出身者が大学入試で有利なのは、難関大学合格に向けた特別な授業をしているからではなく、
①大学入試に関する情報が豊富にあること、②難関大学合格を目指す生徒が集まる 結果、3年間常に「受験」を意識できる環境で、モチベーションを維持し続けられること、の2つにあるのではないかと思います。

しかし、現在はインターネットや書籍で手軽に大学入試に関する情報を得られるようになりました。
あとは、難関大学合格へ向けた強い思いがあれば、自分でコツコツ勉強を続けることで、東大を始めとする難関大学合格も夢ではないのです。

ただ、勉強する期間が長ければ長いに越したことはありません。
そこで、まだまだ大学入試まで時間がある新高1生(あるいは現中学生)のみなさんにも、「大学受験」を意識した勉強を始めてもらいたいと思います。
以下、難関大学合格を目指す新高1生の皆さんへの、アドバイスです。


①とにかく数学・英語だけは自分でどんどん進めよう!


(1)受験数学は暗記です。

 高校の勉強で多くのみなさんがつまづく数学ですが、大学入試の数学に限っていえば、
数学の問題は「暗記」で乗り越えることができます。ある有名な受験参考書の作者も「数学は暗記だ」と述べていますが、これは真理だと私も思います。
 大学入試の数学の問題には、解く「パターン」があります。
この「パターン」さえ覚えてしまえば、「ひらめき」は不要なのです。
そして、「パターン」を身に付けるためには、基本的な問題を数多く解くことです。
具体的には、何か一冊、数学の問題集を完璧にするとよいでしょう。この点についても、武田塾ではどのような問題集、参考書に取り組めばよいかをお伝えしています。
 また、この「基本参考書固め」は学校の授業の進度よりも先に終わらせ、
学校の数学の授業は復習として聞くのが理想です。文系数学の範囲でいえば、できれば高2の始めまでに終わらせると後が楽でしょう。
東大・旧帝大の入試は科目数も多く、やるべきことは数学以外にもたくさんあるのですから。


(2)英語の文法の勉強は早いうちに

 英語が得意になるためには、文法と単語を速いうちに固めることです。
とくに文法は、集中的に取り組めば短期で完成させることができます。
これも遅くとも、高1の終わりまでに文法を固めておくと後が楽です。
中学校のときから英語が得意だという新高1生の方は、もうこの春休みの間にでも、
一冊文法の参考書を読みながら問題集に取り組み、入学後の早い段階で基礎を完成させてしまいましょう。
そうすれば、英語の文章がすらすら読めるようになり、ますます英語が好きになるはずです。


(3)英単語・古文単語・漢文句形などの暗記物は、高1~高2の長期休みで

 暗記は、すべての勉強の基本です。しかし、後回しにすると、
ずるずると最後までひきづっていまします。英単語・古文単語・漢文句形などの暗記物は、
高1や高2の夏休みや冬休みも間で思い切って仕上げてしまいましょう。何か一冊単語帳を完璧にすれば、
あとは、他の問題集で出てきた知らない単語が出てくる度に覚えていく、といった形で入試は対応できます。


(4)英作文は暗記です。

 英語の文法と単語を固めたら、後は長文問題・英文和訳・英作文・リスニングといった科目別の対策に移ります。
この中でも、一番特別な対策が必要なのは英作文です。もちろん、実際に英作文の問題演習をこなすことも大切ですが、
実は最も効果的な対策は「例文暗記」です。
英作文が上手な人は、知らず知らずのうちに、自分の知っている「例文」の単語を別の単語に置き換えたり、
文と文を組み合わせたりして新たな英文を作っています。何もないところからは何もでてきません
。新しく英文をつくるための「引き出し」の中身をたくさん持って置くことが必要なのです。
具体的な方法としては、日本語を見た瞬間、スラスラと英文が思い浮かぶまで英文を覚えることです。
ある予備校の先生も、東大入試の英作文に対応するためには、数百程度の英文を覚えていることが必要だとおっしゃっています。



②現代文は、「読み」の方法論を研究しよう!

 武田塾の生徒さんでも、「どうやって勉強したらよいのかわからない」という声が多いのが現代文です。
それもそのはず、現代文は、基本事項を覚えて問題演習をする、といった他の科目の勉強法では得意になりません。
また、「日本語だから何とかなる」と考えていては、大学入試の現代文は太刀打ちできません。
 現代文の問題を解く際には「読み」と「解き」の2つの作業が必要ですが、
このうち、文章を正しく「読む」ということが決定的に大切です。評論文であれば、文章の論理構造を意識しながら読む、
小説であれば登場人物の心情を客観的にとらながら読む、ことが必要になります。
現代文の勉強とは、この「読み」の「方法」の訓練をすることです。英語や数学のようにじっくりと取り組む必要はありませんが、
少しずつでもいいので問題集や参考書に取り組み、どのように文章を読めばいいのか、を研究しましょう。


③古文は助動詞と敬語を理解&暗記しなければ読めません

 古文も「日本語だから何とかなる」という気持ちではどうにもなりません。
古文が読めるようになるためには、古文単語の暗記に加えて、助動詞と敬語を理解することが必要です。早いうちから少しづつ取り組んでおきましょう。


④理科・社会は学校の授業と並行してコツコツと

 最後に、理科・社会です。これらは、高1~高2の段階ではあまり大きな比重を置く必要はなく、
受験が近づくにつれてだんだんと勉強量を増やしていくことで対応できるでしょう。
高1~高2の段階では、少なくとも、学校の授業にはしっかりついていき、弱点科目としないように心掛けてください。


以上です。繰り返しになりますが、とにかく数学と英語だけは高1のうちから大学受験を意識した勉強をするようにしましょう。
毎日毎日続けていけば、3年後は大きな収穫が得られるはずです。



武田塾西葛西校では『無料受験相談』を行っております。
この無料受験相談では、日々の勉強方法で悩んでいること、成績・偏差値の伸び悩み、これからどうやったら志望校に合格できるのか、など様々なお悩みに無料でお答えしています。

こちらから無理に入塾を勧めることは一切ありません。

また、具体的な勉強のやり方や、これからやるべきこと、武田塾が指導している内容などをすべてお伝えします。
無料受験相談は何度でも受けることができますので、2回、3回と相談に来る生徒もいます。

武田塾の塾生が受けている特訓を1週間無料で体験できる、『無料体験特訓』もございますので、「一体どんな指導を受けられるんだろう?」、「自分に武田塾のやり方が合うか不安」という方は、ぜひ一度ご相談ください。



武田塾チャンネル バナー
友だち追加数


大学受験 ブログランキングへ

『武田塾とは?』

志望校に合わせた独自のカリキュラム
⇒各教科で初学者向けの基礎レベルから、早慶上智・東大レベルまでしっかり対応!どんな志望校でも対応できるのは、参考書を使った独自のカリキュラムがあるから!

参考書最強伝説
⇒参考書を使えば、生徒一人ひとりの「今」の学力からスタートでき、授業をする塾・予備校ではありえないスピードで「志望校合格」まで最短で進める!

日々の学習状況の徹底管理
⇒授業をする塾・予備校は毎週授業の時間だけ。授業をしない武田塾は、週7日間を徹底的に管理する!サボれない!だから今まで勉強ができていない生徒が、志望校に逆転合格できる!

個別指導・自習室完備
⇒専任講師による手厚い個別指導コースを用意。また、日々の勉強に役立てられる、完全無料の自習室を完備!生徒が自学自習できる万全のサポート体制が、武田塾にはある!


『無料受験相談~進路カウンセリング~』

当校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でもご相談ください。

無料受験相談は、完全個別に対応いたします。その為、ご予約を頂いた方を優先させて頂いております。ご予約は、お電話かメールで受け付けております。

【武田塾西葛西校 西葛西の個別指導塾・予備校】

住所:〒134-0088
    東京都江戸川区西葛西6-16-7 ライオンズマンション西葛西駅前三基ビル501号
    ※1階がTSUTAYAさんのビル5階です。       

TEL:03-6808-9856
FAX:03-6808-9859
Mail:nishikasai@takeda.tv

受付:13:00~21:00(月~土)

↑このページのトップヘ